顎関節症

橿原市にお住まいの皆さん

  • マウスピースを使って治そうとしているが、効果がない
  • 口を開けるとカクカクする
  • 口が大きくあかない
  • 朝起きるとあごが痛い、疲れている…
  • あごを動かしたときに痛みがでる

どうして顎関節症になってしまうの?|橿原吉祥寺鍼灸接骨院

口が開かない・顎に痛みや違和感が発生する・口を開けるとクリック音がしたりする症状です。

顎関節症は日ごろの噛み過ぎによる顎(あご)への負担だけでなく、日ごろの偏った体の使い方であったり、猫背や姿勢の不良などによる様々なストレスによっても発生してしまいます。

どういう事かというと、まず、偏った体の使い方や猫背・姿勢の不良などは全身に疲労を蓄積させてしまいます。

そうすると本来その人が持つ正しい身体のバランスを維持している筋肉が疲れてきてしまい正しいバランスを保てなくなり、身体のバランスがズレてしまうのです。

その結果、何とか身体のバランスを保とうと、体全体の筋肉が異常緊張してしまいます。その時に特に筋肉の緊張が顎周辺に出てしまうと顎関節症といった不調を起こしてしまいまうのです。

もうすこし具体的に説明しますと、左右の顎の関節の間には、関節円板という柔らかい軟骨があり、関節にかかる負担を軽減するクッション材としての機能を持っています。nekoze

しかし、先ほどのようにあごの筋肉が硬くなると、この関節円板が圧迫されてあごの関節の動きを邪魔するように引っ掛かってしまいます。顎関節症の症状はその結果、発生してしまうのです。

また、就寝時の寝る向きの癖や、頬杖をつくなどの癖により、さらに悪化させてしまうこともあります。

一般的な顎関節症の対処法|橿原吉祥寺鍼灸接骨院

一般的な医療機関では、顎関節症の治療として歯を治療する・マウスピースを入れる・痛み止
めなどの薬物療法を行う・手術をするといった方法で治療を行います。IMG_9860

手術の場合は少々特殊ですが他の治療法は基本的に痛みを感じなくする、いわゆる対症療法的な事を行い顎関節症になってしまっている原因にアプローチ出来ていないため、痛みをごまかしている状態にすぎません。

その状態では一時的には良くなったように感じますがまた時間が経つと症状が再発してきてしまうのです。

当院の顎関節症の治療法|橿原吉祥寺鍼灸接骨院

リフトアップした女性橿原吉祥寺鍼灸接骨院では、顎関節症の根本的な原因となっているお身体のバランスのズレを整えるために、どのように患者様の身体がずれているか検査を行います。

同じような症状をしていても、患者様のお身体は大きさや体格・体型が一人ひとり異なります。そうすると患者様一人ひとり最適なバランスも当然異なります。

その最適なバランスと最適なバランスからどれだけズレているかを確認することから当院の治療は始まります。

そうして患者様のお身体の状態を確認した後、実際に患者様の全身のバランスを整えます。

バランスのズレを引き起こしている異常緊張した筋肉がどの場所・どれくらいの深さの場所にあるのか、なぜ異常緊張を引き起こしているのかを確認し、患者様の状態にあわせて

①身体をリラックスさせることで筋肉の異常緊張を解消できるバランス整体

②身体の深い部分にある、手では届かない筋肉にもアプローチできる鍼灸治療

③リンパと血液の循環を整えることで筋肉の状態を良くする事ができる吸い玉治療

といった様々な治療技術を組み合わせて患者様にとって最適なバランスに整えていきます。

こうして筋肉の異常緊張を取り除き全身のバランスを整えることで、顎関節回りの筋肉の異常緊張も解消し、顎関節症の症状の改善を行っていきます。

どこに行っても顎関節症が改善しなかった方は

是非、橿原吉祥寺鍼灸接骨院へお越しください。