逆子

橿原市にお住まいの皆さん

  • 逆子と検診で診断された
  • 出来れば自然分娩で出産したい
  • 逆子体操をしても変化がない
  • 逆子のお灸に興味がある
  • 冷えやお腹の張りを感じている

逆子ってどのような状態?

赤ちゃんがお腹の中で頭が上向きになって、足が下向きになっている状態を 骨盤位(こつばんい)
逆子(さかご) と言います

また頭が下向きになっている状態を頭位(とうい)と言います

妊娠中期まで逆子と診断される方は全体の50%程度いることをご存知でしょうか?
妊婦検診で1度は逆子と言われることを経験された妊婦さんが沢山いらっしゃいます

逆子の原因として

・羊水過多 ・多胎妊娠 ・胎盤異常 ・骨盤幅狭小 など

しかしながら原因はほとんど不明と言われていることが多いことも事実です

 

逆子と言われたらどうしたらいいの??

妊婦検診のエコー検査で、赤ちゃんの姿が見えると、いとおしく感じ、ワクワクしてきますよね

ところが、赤ちゃんが大きくなるにつれ、28週頃から 逆子と診断され、不安に感じる妊婦さんも多くいらっしゃいます。

まだ赤ちゃんが小さいと、自然と戻る方もいらっしゃいます。
ところが、32週あたりになると、帝王切開の話なども出てきて、
なかなか戻らないとあせってしまいます。

実際に逆子では帝王切開になることがほとんどです
できれば自然分娩で出産されたいと願うママたちがほとんどだと思います。

 

そんなママたちのご不安にお答えします

 

逆子の治療はどのような治療なの?

逆子の治療として
「逆子のお灸」が有名です。

橿原吉祥寺鍼灸接骨院で逆子のお灸

『至陰』(しいん)といって 足の小指に米粒ほどの大きさのお灸をします
熱さは チックっとする程度です。

しかし、その場所にお灸をするだけではなかなか戻りません。
ママのお身体の状態を4つの状態に分類し、その方にあった施術をおこないます

足元を緩やかに温めたり、腕や足に髪の毛ほどの細さの鍼をおこなったりします
また、妊婦さん専用の枕でうつぶせになっていただき
背中、お腹へ やけどなどの心配のないお灸を行います

ご自宅でもセルフケアが出来るようにご自宅用のお灸をお渡しし、
セルフケアも行っていただきます

『お灸をすることで赤ちゃんが回るの?』
良くご質問いただきますが
お灸を行うことで 赤ちゃんの居心地の良い場所に戻ってもらうという考えで
施術をおこなってまいります