腱鞘炎

橿原市にお住まいの皆さん

  • パソコンのキーボードを打つ時に痛みがでる
  • スマートフォンを使う際、痛みがでる
  • 授乳中に頭を支えると痛みがでる
  • 抱っこすると手首が痛い
  • ペットボトルを開ける時に痛みがある

この症状の原因はどんなことが考えられますか?

指先に負荷をかけ過ぎることで、指を伸ばすための腱や曲げるための腱の表面が傷つき晴れることがあります
同時に、その2つの腱を覆う腱鞘も厚く肥厚し、腱の通り道が狭くなってしまう。
その結果、腱の滑りも悪くなるので、指・手首を使うとより炎症が広がり、腫れや痛みといった不調が酷くなるという悪循環に陥いる。

また、女性の場合では妊娠出産後や更年期でのホルモンの増加や減少により腱や関節の柔軟性を保たせる役割に影響をうけることが多くあります

橿原吉祥寺鍼灸接骨院ではこの症状に対してどのように治療を行っていきますか?

橿原吉祥寺鍼灸接骨院では、腱鞘炎の原因を徒手検査にて鑑別し、独自のバランス検査で身体の状態を細かく分析することでバランスポイントを選定し、身体の状態に適した施術をお腱鞘炎の出にくい身体作りを目指します。

腱鞘炎の出ている局所に超音波で軟部組織組織の回復力を促し、BTバランス整体で身体の重心を安定させることで指先への負担を減らし、お一人お一人に合ったオンリーワンの施術を行い早期回復を目的に施術を行なっていきます。

また、腱鞘炎の度合いによって、肩甲間部(肩甲骨の間)の動きが悪くなるため
「吸い玉」を使用します。皮膚と筋肉の間を緩め、隙間をつくることで老廃物や疲労物質の排泄を促進します。局所に対しては、「鍼灸」を用いておこなっていきます。「鍼灸」を使って刺激を与え筋緊張を緩和し治癒力を高めます。

BTバランス整体×鍼灸×吸い玉」で腱鞘炎の原因へ適切にアプローチをこなうことで、腱鞘炎の早期回復を目指します。

腱鞘炎で、お悩みの方は、是非一度当院にご相談ください。