東洋医学の基礎知識~心~

2018年08月2日

東洋医学には体の内の様々な働きを、腎・脾・肝・肺・心という5つに当てはめる考え方があります。

この東洋医学でいう腎・脾・肝・肺・心は、西洋医学でいう腎臓、脾臓、肝臓、肺、心臓とは必ずしもイコールではないということはご留意ください。

これら5つを五臓(ごぞう)といい、この五臓は人体でお互いに関わり合いながらバランスを保っているのです。

 

今日は「心(しん)」についてです。

 

心(しん)は、西洋医学の心臓と同様に、血を循環させる作用がありますが、意思や思考といった「こころ」としての働きもつかさどっています。ほっとしたとき、心配なとき、心臓のあたりに手を当てますね。これは東洋医学の心(しん)のはたらきを感じているからではないでしょうか。

 

東洋医学では、精神活動や思考活動のことを神(しん)と呼びます。心はこの神をつかさどっていて、記憶や学習能力、睡眠や意識状態といった大脳機能や中枢神経系機能と深くかかわっていると考えられています。

 

そのため、心の働きに不調が生じると、記憶に関して障害が現れたりするほか、不安感や睡眠障害などを招いてしまうことがあるのです。

 

心の不調を改善するためには、こころの持ちようが大切だといえます。否定的、絶望的な考え方では心の機能は低下します。明るく、前向きな考え方を持てるよう少しずつ心掛けてみてください。

 

 

橿原吉祥寺鍼灸接骨院では、8月も美容鍼のお試し施術キャンペーンを続けています。お顔のキレイは身体の健康が欠かせません。問診時に体の状態をお伺いし、その方の体質傾向を見極めて症状を改善するツボをセレクトして鍼やお灸でアプローチしていきます。お顔の悩みとともに上記のような症状があればぜひご相談ください。

 

実際に受けていただいた方からのお声で、とても多いのが「頭がすっきりした」「視界が広がった」「朝、起きやすくなった」等です。お顔のみにとどまりません。それは、その方のお身体全体を治療の対象として考え、施術を行っている結果と言えると感じています。

 

お顔もお身体も良い状態を保つためには定期的なメンテナンスが欠かせません。

継続して施術を受けていただけるように回数券制度もご用意しております。まずは一度、お試し施術を受けてみてください。1回の施術料金で、2回美容鍼施術を受けていただけるお試し期間は8月も継続中です。